自由と平和のための京大有志の会

昨年賛同を表明した「自由と平和のための京大有志の会」からビデオメッセージが届きました。
賛同者全員に送られたようです。
とても良い内容ですのでオンコロジーのホームページでも紹介したいと思います。

インチキな手法で一時的に株価をつり上げただけの経済政策も完全に失敗。
もはや現政権には何一つとして評価すべき点はないと思います。

都知事を追放した国民の当たり前の怒りを現政権にもぶつけて本当の民主主義を始めましょう!
 
 

「あしたのための声明書」について

 私たちは、1年前のあの暑い夏、路上にあふれ出した、たくさんの人びとの息づかいを、今こそ思い起こす必要があると感じています。

安保関連法制の強行採決後に公表した「あしたのための声明書」について、『朝日新聞』で「安保法忘れない/成立後の京大有志声明、いまも朗読続く」として取り上げてもらいました。
これを機会に「あしたのための声明書」を心に残る画像と組み合わせたビデオクリップ(2分半程度)を作成しました。下記からご覧いただけます。
 
「朝日新聞 『安保法忘れない/成立後の京大有志声明、いまも朗読続く』」URL:http://www.asahi.com/articles/ASJ5Z4GNFJ5ZPTIL00X.html
 
「明日の声明書」URL:http://www.kyotounivfreedom.com/news/manifestofortomorrow_video/)
 
 また、「Webページのギャラリー」(http://www.kyotounivfreedom.com/gallery/ )からは、私たちの声明書を、賛同者の方々が「書」にしたためてくださった作品や、「歌」にしてくださったビデオもご覧いただけます。もしも自分たちもこんなものを作ったというのものがありましたら、お知らせいただければ幸いです。
 
 それぞれの思い、それぞれのやり方で、お知り合いの方々と共有していただければ幸いです。
 
 

皆様の声をこちらからお寄せください。
⇒「日本の危機・平和の危機  オンコロ同窓生も声を!!」 

Top