2 リンパ節転移(大腸がん術後) 女性 79歳

 
Q あなたの性別は?

  A 女性
 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 79歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 大腸がん術後リンパ節転移
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A ステージ3?
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A なし
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体的に、どんな治療でしたか?

  A あり。ガン部位の切除。
 
Q それは効いていましたか?

  A 切除一年の経過観察 再発のためオンコロジーで治療
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ。
 
Q 平成28年現在、オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 5年4カ月。
 
Q オンコロジーで治療中や治療後に困ったことや不安だったことは?

  A 特になし。
 
Q 治療後の経過観察はどのように過ごしてこられましたか? 何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 半年ごとのPET検診。
 
Q 再発や転移はありましたか? 再発や転移があった場合、どのような治療を受けられましたか?

  A なし
 
Q オンコロジー受診から5年以上経って、現在不安に思っていることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A PET検診のたびにヒヤヒヤしてます。
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A がん治療から5年経過し再発なくホッとして居ります。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 体に気をつけるようになりました
 
Q オンコロジーのスタッフへ どうぞひとことお書きください。

  A 皆さん親切にして頂いて有難う御座いました。
 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は、大腸がんの手術を受けた後、リンパ節転移が出てそちらに対しての放射線治療を当方で行った方です。
大腸がんの手術を受けられたのは2009年の10月で腸の半分を切除する典型的な手術方法でありました。
手術の際に比較的大きながんでありリンパ節転移も認めた為、Stage3という診断になり、術後に標準治療である抗がん剤を勧められましたが、ご本人のご意向で抗がん剤治療は受けておられません。
1年半ほど経ってお腹の動脈の横に1cmほどのリンパ節転移が出現し、術後のリンパ節転移と診断されました。
その後、ご本人とご家族が当方での治療をご希望になり2011年5月末から放射線治療を行っています。放射線治療を行った後にはリンパ節転移が消失し、その後も経過観察を行っておりますが、新たな転移は認めておりません。リンパ節転移が出た時には、抗がん剤の治療をやっておくべきだったのではないかという考えも一旦は出たようですが、その後1ヶ所の放射線治療だけで再発転移はなく経過をしていることから、抗がん剤の治療を行わなくてよかったというお気持ちを再び強くされておられます。
 

Top