1 肺腺がん ステージⅠ 女性 66歳

 
Q あなたの性別は?

  A 女性
 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 66歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 肺腺癌
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A ステージⅠ
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A 転移なし
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体手的に、どんな治療でしたか?

  A あり。
2004年 乳癌 外科手術、放射線、ホルモン剤
2012年 肺癌 オンコロジーにて5日定位放射線

 
Q それは効いていましたか?

  A 乳癌は一応寛解と思っていましたが、肺の癌が乳癌の転移かどうか判断しかねる
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ
 
Q 平成28年現在、オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 5年
 
Q オンコロジーで治療中や治療後に困ったことや不安だったことは?

  A なし
 
Q 経過観察はどのように過ごしてこられましたか?何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 普通の生活を楽しんでいました。早朝の散歩を再開しました。免疫力upになるかと
 
Q 再発や転移はありましたか?ありの場合、部位はどこでどのような治療を受けられましたか?

  A なし。

 
Q オンコロジー受診から5年経って、現在不安に思ってることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A なし
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A ガンキャリアであることを意識せずに生活できている事。
後遺症が全くないためと思います。

 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A “生きてる”ことを意識するようになりました。
一日一日を大切にと強く感じます。

 
Q オンコロジーのスタッフへどうぞひとことお書きください。

  A 優しい鹿児島弁が大好きです。3~6ヵ月毎の検診なのに名前を憶えてくださっているのも感激しました。

 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は、2004年に乳癌で外科手術を受け、その後術後の放射線治療やホルモン治療を継続しておられましたが、2012年に肺に新たな腫瘍が見つかり画像上はおそらく肺の腺癌であり、Stage1という状況で当方を受診されました。
それまで大阪府立成人病センターでこの肺病巣について手術を勧められていましたが、人生で2回目の手術を受けることを嫌がって放射線治療を受けられました。
乳癌の転移か、原発の肺癌か、完全に白黒がついているわけではありませんがその後5年あまり全く新たな肺病巣が出現していないことからおそらくはStage1の肺腺癌であったと考えています。

 

Top