1 前立腺がん ステージ D 男性 58歳

 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 58歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 前立腺がん
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A ステージD PSA:42.7 GS:4+5=9
 
Q 転移があった場合 それはどの部位でしたか?

  A 腰の周辺のリンパ節。
 
Q オンコロジー受診以前にがんの治療をしていましたか?

  A している。
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は具体的にどんな治療でしたか?

  A ホルモン剤治療。
 
Q それは効いていましたか?

  A 効いたと思っている。
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線。前立腺とリンパ節
 
Q オンコロジーでの治療から何年経過しましたか?
 
  A 7年
   
Q オンコロジーでの治療中や治療後に困ったことや不安に思ったことはありますか?

  A なし。
 
Q 治療後の経過観察はどのように過ごしてこられましたか? 何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 以前との生活と何ら変わらない。2~3時間の散歩(2日おき)
    1~2年おきの旅行、ほぼ毎日のビールなど。

 
Q 再発や転移はありましたか? 再発や転移があった場合、どのような治療を受けられましたか?

  A あり。別のリンパ節に転移が出て放射線治療を2回行い、その後、毎月リューブリン注射とオダイン内服。
 
Q その治療は効きましたか?

  A よく効いたが、最近PSAが上昇してきた。
 
Q オンコロジー受診から5年以上経って、現在不安に思っていることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A 人命に限りがあると思えば・・・
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがありましたら教えてください。

  A 気楽に治療ができた。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 長期的なことに専念できなくなった。
 
Q オンコロジーのスタッフへ どうぞひとことお書きください。

  A 親切な応対で感謝しております。
 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いている患者様は初診時にリンパ節転移を伴っていたStageDの前立腺がんの患者様で、PSAが42.7、グリソンスコアも9と、かなりご病気が進行した状態で見つかりました。当初は他の病院でホルモン剤による治療を受けてこられましたが、副作用がでたこともありオンコロジーに放射線治療目的で受診されました。
前立腺がんと当初認められたリンパ節転移に対して放射線治療を行って、7年間様子をみていますが、放射線治療後当初とは別のリンパ節に転移がでて放射線治療を2回程追加しています。その後も再びPSAの値が上昇してきたため、ホルモン療法をオンコロジーでも追加していますが、最近になってまたPSAが少し上昇してきているところです。
ごく最近撮ったPET-CTで明らかな転移の所見はみとめられませんでしたが、これからも必要に応じて放射線治療を行ったり、ホルモン療法を継続したりといったことが必要になるかと思われます。
今まで体調を崩すことなく7年間を過ごしていただくことができましたが、これからも患者様にとってできるだけ負担の少ない治療を考えていきたいと思います。
 

Top