6 前立腺がん  男性 70歳

 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 70歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 前立腺がん
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A ステージ4
 
Q 転移があった場合 それはどの部位でしたか?

  A 前立腺及び腰部。
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体的にどんな治療でしたか?

  A あり。化学療法
 
Q それは効いていましたか?

  A 最初は効果があったが3年後に再燃した。
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ。
 
Q オンコロジーでの治療から何年経過しましたか?

  8年

Q オンコロジーでの治療中や治療後に困ったことや不安に思ったことはありますか?

  A もっと詳しい説明が欲しかった。
 
Q 治療後の経過観察はどのように過ごしてこられましたか? 何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A ガン部位に対する治療は何もしていないが、食事に注意し、野菜・魚・肉等をよくとっていた。
 
Q 再発や転移はありましたか? 再発や転移があった場合、どのような治療を受けられましたか?

  A あり。貴病院で
 
Q それは効きましたか?

  A 不明です。
 
Q オンコロジー受診から5年以上経って、現在不安に思っていることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A 治療の後身体がだるく、3ヶ月位は昼寝(1~2時間)が必要だった。
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがありましたら教えてください。

  A PSA値9200から良くぞ回復して元気になったと。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 人生をきれいに生きるということの信念が強まった。
 
Q オンコロジーのスタッフへ どうぞひとことお書きください。

  A 色々無理なお願いをしたが、良くフォローして頂いた。
 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いている患者様は平成16年から骨転移を伴う前立腺がんとして都内の大学病院でホルモン療法を続けてこられました。治療前のPSAの値は9200であり、当方を受診された前立腺がんの患者さまの中でも最も高い値でありました。
4年程経った平成20年6月に薬物療法が全く無効になってしまった状態で当方を受診され、もともとの前立腺がんの部位や骨転移の部位に対しての放射線治療を行い非常にいい状態になって、6年間ほどご病気が全く見つからない状態で過ごすことが出来ました。平成26年になってからPSAの値が上昇し6月に多発肺転移が見つかりそちらに対しても放射線治療を行っています。
その後も小さな骨転移や、多発肺転移を繰り返す形になり平成27年の12月までときどき放射線治療を行って様子をみておりましたが患者さまのご家庭の事情で平成28年以降はご自宅近くでもう一度薬物療法を試してみるということになり現在薬物療法が再スタートされたところであります。丸8年間薬物療法を行わずに経過をみることが出来ましたので、もしかすると以前効かなくなった薬物療法がまた効果を上げる可能性もあるのではないかと期待している状態です。
「明るいがん治療2」に実名で手記を寄せてくださっている方です。
 

Top