32 肺がん ステージⅠb 男性 49歳

 
Q あなたの性別は?

  A 男性
 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 49歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 肺がん
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A T2N0 ステージⅠb
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A なし
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体手的に、どんな治療でしたか?

  A なし
 
Q それは効いていましたか?

  A 
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ
 
Q オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 7年
 
Q オンコロジーで治療中や治療後に困ったことや不安だったことは?

  A なし
 
Q 経過観察はどのように過ごしてこられましたか?何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 特になし
 
Q 再発や転移はありましたか?ありの場合、部位はどこでどのような治療を受けられましたか?

  A あり 縦隔リンパ節 放射線治療と少量の抗がん剤
 
Q オンコロジー受診から5年経って、現在不安に思ってることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A 特になし
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A 放射線治療を選択したことが良かったと思う。最初に受診した病院では手術を勧められた。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 死というものを考えるようになった。
 
Q オンコロジーのスタッフへどうぞひとことお書きください。

  A ここ何年かは、年に一回程度しか通院していないが常に優しく接して貰えてありがたく思います。
 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は、平成21年7月にT2N0の状態で当方を受診された肺腺がんの患者様です。ステージはⅠbになりますが、3cmを超える大きな腫瘍で放射線治療はかなりしっかりと行いました。この原発巣の再発はその後全く認めておりませんが、1年後に縦隔のリンパ節に転移が2ヶ所ほど出て、再び放射線治療を行いました。この時には薬物療法も少し追加する形で放射線治療を行っています。治療が終わってからは薬物療法は一切行っていませんが、この後リンパ節の再発も全く認めておりません。最初の治療から丸6年経過したところで肺の全く別の部位におとなしいタイプの肺がんと思われる影が出現し、これは放射線治療で簡単に制御され、現在に至っています。縦隔のリンパ節転移が広がった時にはそのまま病気が暴れだす可能性もあるかと思いましたが、放射線治療及びごく少量の抗がん剤で一定期間治療するだけでその後全身のどこにも転移は出ていない状態です。
 

Top