42 乳がん ステージⅡ 女性 66歳

 
Q あなたの性別は?

  A 女性
 
 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 66歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 乳がん
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A ステージⅡ T2N1、3cm以上、リンパに転移
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A リンパ節
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体的に、どんな治療でしたか?

  A なし
 
Q それは効いていましたか?

  A 
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ
 
Q 平成28年現在、オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 9年
 
Q オンコロジーで治療中や治療後に困ったことや不安だったことは?

  A 激しい痛み(皮膚に細菌感染を生じたため)
 
Q 経過観察はどのように過ごしてこられましたか?何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 
 
Q 再発や転移はありましたか?ありの場合、部位はどこで、どのような治療を受けられましたか?

  A なし
 
Q オンコロジー受診から5年以上経って、現在不安に思っていることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A 
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A 
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 
 
Q オンコロジーのスタッフへ どうぞひとことお書きください。

  A 
 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は、平成20年8月に当方を初診された右乳がんT2N1M0、StageⅡの患者様で、薬物療法は行わずに放射線治療のみを行って現在まで再発転移を認めておりません。
治療後放射線によって弱くなった皮膚に細菌感染が生じてしまったため、1年後にかなり強いお痛みを訴えておられましたが自然にそれも治っています。
最近久しぶりで全身のPET-CTを受けていただき、再発転移がないことは確認できたのですが、肺に特に問題がないのに息苦しいという訴えがあったため、循環器を詳しく調べ心房細動になっていることがわかりました。また、僧帽弁閉鎖不全も認められたため、循環器の先生にお薬を出していただいて経過をみることになりました。
がんの治療が順調に経過している場合でも身体全体をしっかりとフォローしていくことが重要なことなので、治療後何年経っていても病院から離れることなく経過観察を継続することが重要だと考えています。

 

Top