1 子宮体がん ステージⅡ 女性 41歳

 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 41歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 子宮体がん
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A 子宮体がんの告知の時、ただ「3」と「5」と言われてステージはわかりません。
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A なし。
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体的に、どんな治療でしたか?

  A なし。
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ。
 
Q 平成28年現在、オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 7年と2か月。
 
Q 再発や転移はありましたか?ありの場合、部位はどこでどのような治療を受けられましたか?

  A なし。
 
Q オンコロジー受診から5年以上経って、現在不安に思っているもとや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A 不安に思ってることはありません。
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A もし、開腹手術だったら、今のような普通の生活は送れなかったと時々考えます。自由に使える時間をもらえて良かったと思っています。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 病気になると違う視点からも考えるような気がします。
 
Q オンコロジーのスタッフへ どうぞひとことお書きください。

  A いつもありがとうございます。と思っています。
植松先生、放射線技師の方、看護師の櫻井さんへ
なかなかお礼が言えずすみません。この紙面をお借りして申し上げます。

 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は平成20年11月に当方を初診された子宮体がんStage2の患者様です。リンパ節転移などはありませんでした。
子宮体がんは放射線治療ではコントロールできないと日本の教科書には書いてあるのですが、この患者様は全身状態から手術を受けることが難しく放射線治療をしっかり行ってみることになりました。
幸い放射線治療は大成功しており7年以上再発転移を認めておりません。この患者様で子宮体がんが放射線治療で治癒が可能であるということがわかりましたので、それ以降数名の患者様に子宮体がんの放射線治療を行っており、全員ではありませんが8割~9割の患者様で再発・転移なく経過をみております。
腎機能を大切にするため、この患者様には薬物療法は一切行っておりません。

Top