5 肺転移 肝転移(大腸がん術後) 男性 62歳

 
Q あなたの性別は?

  A 男性
 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 62歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 肺がん
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A 
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A 大腸がん⇒肺がん⇒肝がん⇒肺がん
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体的に、どんな治療でしたか?

  A あり。手術後、抗がん剤治療しました。
 
Q それは効いていましたか?

  A 抗がん剤は毎日飲んでいましたが効いたかわかりません。
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ。
 
Q 平成28年現在、オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 7年経過しました。
 
Q オンコロジーで治療中や治療後に困ったことや不安だったことは?

  A ありません。
 
Q 経過観察はどのように過ごしてこられましたか?何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 普通の生活で別にありません。
 
Q 再発や転移はありましたか?ありの場合、部位はどこでどのような治療を受けられましたか?

  A あり。1.大腸がん 2.肺がん(右) 3.肝がん 4.肺がん(左)。全て手術です。
 
Q それは効きましたか?

  A ※肺がんは再発しました。
 
Q オンコロジー受診から5年以上経って、現在不安に思っているもとや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A 別にありません。
 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A 手術は痛み、入院、薬とありますが、オンコロジーでは普通の生活スタイルで過ごすことができました。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 友人、知人、妻、子供との健康に対する考えが深くなりました。
 
Q オンコロジーのスタッフへ どうぞひとことお書きください。

  A 植松先生と話しをするだけでなにかしら安心できます。本当に感謝しています。ありがたいと思っています。
 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は2002年10月に大腸がんの手術を受けた後、お決まりの抗がん剤の治療を続けてこられましたが、翌年に肺転移、その翌年に肝転移、またその翌年に肺転移という形で局所再発はないものの肺や肝臓に転移を繰り返してその都度手術を受けてこられました。更に別の肺転移が出た際に2007年に当方を初診され放射線治療を受けるようになりました。その際から抗がん剤の治療は一切行うことを止め、放射線治療のみを行っておりましたが放射線治療を始めた後もしばらくの間は別の肺転移がでる形で当方でも3ヶ所程放射線治療を行っています。最終の放射線治療は2009年の1月で、その後すでに丸7年経過していますがそれ以降は転移がでなくなりました。
これは抗がん剤の治療を受けていたために低下していた免疫の力が復活して新たな転移病巣を出現させないだけの体の抵抗力がついたものと考えており、それ以外に説明のつかない状況だと思います。
このように抗がん剤の治療を行っていた間は転移病巣が繰り返し繰り返しでてくるものの抗がん剤の治療をやめてしばらくしてから転移が全くでなくなるという患者様はオンコロジーの患者様の中で決して珍しくはありません。標準治療がいかに不適切な治療であるかということを物語っていると思います。
 

Top