39 肺がん ステージⅠ 男性 68歳

 
Q あなたの性別は?

  A 男性
 
Q オンコロジーで治療を受けたときの年齢を教えてください。

  A 68歳
 
Q オンコロジーで治療を受けたがんを教えてください。

  A 肺癌です。
 
Q ステージはいくつでしたか?

  A ステージⅠの肺癌が多発 6~7カ所に認められました。
 
Q 転移があった場合、それはどの部位でしたか?

  A なし
 
Q オンコロジー受診以前のがん治療は?ありの場合は具体手的に、どんな治療でしたか?

  A なし
 
Q それは効いていましたか?

  A 
 
Q オンコロジーではどのような治療を受けられましたか?

  A 放射線治療のみ
 
Q 平成28年現在、オンコロジーでの治療から何年経過されていますか?

  A 9年
 
Q オンコロジーで治療中や治療後に困ったことや不安だったことは?

  A ありません。
 
Q 経過観察はどのように過ごしてこられましたか?何かしらの補助療法を行っていたら教えてください。

  A 定期的に植松先生に診てもらっていました。 
 
Q 再発や転移はありましたか?ありの場合、部位はどこでどのような治療を受けられましたか?

  A あり。

 
Q ありの場合、部位はどこで、どのような治療を受けられましたか?

A 何年か経ってから、また小さいのが出来たので、何年おきかで3回くらい治療にオンコロジーに行きました。
治療部位は全部で10カ所になりました。

 
Q それは効きましたか? 

A はい。

Q オンコロジー受診から5年経って、現在不安に思ってることや困っていることはありますか?気になることなどございましたらお聞かせください。

  A ありません。

 
Q オンコロジーで治療を受けて、良かったことがあったらお書きください。

  A 東京のガンセンターで絶対手術と言われましたが、多発していたので、オンコロジーで治療を受けないと今頃、生命はなかったのではと思っています。
 
Q がんになる前と現在とで人生観などに変化がありましたか?

  A 勿論。生命を救ってもらったのですから生きている有難さをかみしめております。

 
Q オンコロジーのスタッフへどうぞひとことお書きください。

  A 皆さんいつも大変親切に応対していただき、不安な気持ちもうすらいで治療に専念できました。ありがとう。今後ともよろしくお願いします。


 
 
<植松医師からのコメント>
このアンケートにご回答頂いた患者様は、9年以上前に当方を受診された肺癌の患者さんで、1つ1つの影は非常に薄くおとなしいタイプの肺癌でありましたが、そもそも多発した状態で肺癌が見つかっており、手術を受けると呼吸機能が悪くなるというご心配があり、手術以外の方法を探されて当方を受診されました。
おとなしいタイプの肺癌は転移する可能性は低いのですが、肺の別の部位に多発してくることが多く、この患者さんも結局今日まで繰り返し出現する新たな肺病巣に対しての放射線治療を繰り返し10ヵ所の放射線治療を受けておられます。
ただ、1回1回のダメージがとても小さく済んでいるため、元々お仕事で歌を歌っておられますが、現在でも歌のお仕事を続けておられる状態です。最近2年半ほどは、どこにも病気が出ていない状態が続いています。
10ヵ所の病巣、もし手術をしていたら、歌が歌えるような呼吸状態は維持できなかっただろうと考えています。

 

Top